セルフ鍼教室を開催

シェアハウスに新しく入居された方が、鍼灸マッサージ師の先生で、入居者に鍼の打ち方を教えてくださるという。

今までぎっくり腰など、歩けないくらい腰痛がひどくなると、「はまさき整体治療院」さんのお世話になっていた。しかし、木原先生は福岡に帰ってしまい、この先心配だったが、身近に鍼の先生がいてくださると心強い。

ということで1時間のセルフ教室を開催していただきました。

鍼って実際に打っているところを見たことがないので、どういう仕組みになっているかわからなかった。

いろいろなタイプの鍼があることを知りました。

尖っているものが苦手な人でも対応できるいろいろな種類があります。

基本鍼の太さは3種類あるようだけど、みんな細い。赤は1号で一番細い。

こちらは3号で一番太い。自分は3号を2本使って打ちまくりました。

「百会」「天柱」「顖会」「合谷」「中衝」「陰谷」「足三里」「承山」などのツボを教えていただきながら、自分で打っていきます。

途中でお灸をしたり、こんなシールタイプの鍼も試しました。「合谷」のツボ。

実際にやってみると、ぜんぜん痛くはなく、たまに血が流れていたようですが(笑)気になりません。
また打った場所を忘れてしまい、差しっぱなしの時も。

というわけで楽しい経験をさせてもらいました。

アマゾンで調べたら売っていました!

ただ、買おうとするとチェックされました。

特に証拠を出す必要はなさそうですが。

また、使い終わった鍼は、特別な廃棄方法をする必要がありそう。家庭ごみでの処分は不可のようです。

もちろん、今回は先生が引き取ってくださいました。

とにもかくにも、貴重な経験ができました。

何人か集まればセルフ鍼教室、開催してくださるそうなので相談してみてはいかがでしょうか。

1時間2,000円(材料費、税込) だそうです。

facebookでの連絡が早いかも。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事